2011年という年は、東日本と、東日本につながりがある全ての人にとって忘れられない年になった。

ここまでひどいことが起きると思わなかった。

確かに日本経済は閉塞していて、若い人はちっとも希望はもてなくて、
なんとなくやる気がない日々だったけど、
何もかも無くなるようなことがあるとは思わなかったよ。

今までのはちっとも絶望なんかじゃなかった。

とある映画監督さんがNHKかぶんブログのインタビューで言っていましたが、
本当に絶望したときというのは、絶望だけしか描かない物語は書けないものなのだ。

私はもともと絶望ばかりの物語は書けない方ですが、
プロのクリエイターの人々にも影響があったんだなあ。

今年の漢字も「絆」。

正直、「なにそれ?ふざけてんの?」って思ったけど、
あまりに悲しいことがたくさんありすぎたから、
「災」という文字は使えなかったんだなあ。

新しい年が全ての人にとって良い年でありますように。
心から願います。

もちろん私にもいいことありますように!(切実)
[PR]
by daigorouchan | 2011-12-31 20:57 | 生活そのた | Trackback | Comments(0)

バージョンアップ当日に限界越えたのって初めてかもしれない。

ということで記事にします。

クエストの名前は「最後の試練!」
オファーはルルデの庭の、マートのとなりにいるモグから。
オファー条件はよくわからない・・・今までの例からいくと、レベル91以上であること?

オファー受けると、「香味石をもってきて」と言われます。
ヒントは「君が経験値をもらえるほどの敵ならきっと落とす」ということだけ。

なお、クエオファーしてからマートに話しかけると「デーゲンハルトに話すといいことがあるかもしれない」みたいなことを言われます。
これはデーゲンハルトが弱体アイテムを作ってくれるということのようです。
弱体アイテムは、香味石+牙の化石+骨の化石をデーゲンハルトのところに持って行くと作ってくれるとか。

ネットで調べると、レベル95から見て「丁度いい相手です」以上の敵で、
アビセア以外の敵が落とすとか。

人気の狩り場は、クフタル、ボヤーダ、グスタフ、ダングルフの涸れ谷のようでした。
カニがいるからかなあ?
(と、単純に考えていましたがよくよく調べたらグランドオブヴァラーでレベル95以上の敵が配置された場所が、フェイン、ボヤーダ、グスタフ、クフタル、ダングルフの涸れ谷だったので人が集まるのは当たり前だった。フェインは移動がめんどいもんなあ)

↓石とりからクエクリアまで↓
[PR]
by daigorouchan | 2011-12-16 12:43 | FFXIそのた | Trackback | Comments(2)