<   2009年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

【FFXI】かばう楽しみ(ナイト56→58)

それは土曜日のこと。
久々に裏に参加しようと思ったら定員オーバーで入れなかったorz
意気揚々とLSに「いってきまーす」と言って出てきたのに、速攻で「ただいま;;」という私を、LSは暖かく迎えてくれました(T_T)

CちゃんとTエルたんが「これから普通レベリング行くんだけど一緒に行かない?」と言ってくれたので、傷心のまま参加表明。

↓久々のナイトでした↓
[PR]

by daigorouchan | 2009-08-24 12:45 | FFXIそのた | Trackback | Comments(8)

【FFXI】フィッシング詐欺に注意って!

実は私は過去にディアブロというネットゲームで遊んでいたことがあります。
ディアブロはMMOじゃなくて、PSOみたいなタイプのゲーム。
チャットルームで人を誘って部屋を作って4人まで遊べるという感じのアクションRPGでした。
ディアブロ2になると最大8人まで遊べました。

このゲームで私は一度アカウントハックにあったことがあります。
手口はいたって単純なものでした。

(1)チャットルームにいる私にFF11で言う「テル」のようなものが来た。
(2)内容は「あなたのランキング(ディアブロには戦闘回数などに応じてランキングが存在した)を教えるのでIDとパスワードを送りなさい」という英文。ディアブロは英語のゲームだったので、英文であることは内容に特に疑問は感じなかった。ディアブロの場合は、システムからのメッセージは色が違っており、そのテルは色が特別な色だったのでてっきりシステムメッセだと思った。
(3)私はIDとパスを送った。
(4)翌日から私は「パスワードが違います」と表示されるようになり、ログインできなくなった。
(5)泣き寝入り(無料のネットゲームだったし)

今から思うとものすごく幼稚な手口だったんですよね・・・

でも、これと似たようなことが現在FF11で行われているようです。

詳しくはヴァナ・ディール出戻り紀行さんのこれが噂の。を参照してください。

GMを騙ったテルがプレイヤーに直接来て、テルの内容にあるURLにアクセスするとPOLのIDやパスワード、スクエアエニクスIDなどの入力を要求され、アカウントハックされるようです。

冷静にURLを見れば、スクエニとは全く関係のないURLであることがわかるのですが。
私が注目したのは名前です。「GM」という名前のGMさんは存在しないはずなのです。
GMさんには固有の名前があります。同じ名前の一般プレイヤーも存在しません。

日本人は英語のテル来てもほとんどだまされないだろうけど、英語圏のプレイヤーさんはうっかりするとだまされちゃうだろうなあ;;
GMを名乗る人からテルが来ても、簡単に信じちゃだめですよー。

<8月21日追記>
 たまさんの記事の写真を見たら、不自然に空白が多いことに気がつきました。これは文章の中に「GM」という言葉をうまく入れたんですね。「GM」という文字列はキャラ名に使えないはずなので変だと思ったら、上手に改行しただけのテルのようです(´ω`)
 公式サイトにも書いてありましたが、GMや運営の人が、プレイオンラインにアクセスするようにテルで促すことは無いので、こういうテルがきたら無視しましょう。
[PR]

by daigorouchan | 2009-08-21 14:01 | FFXIそのた | Trackback | Comments(4)

【FFXI】迷子シーフの底力?(忍者71→72)

普段は忘れているんですが、実は私はシーフ75だったりしますw
メリポ全く振ってないので弱いんですけどね。

昨日は久々にそれがちょっとだけ役に立ったかもしれない。

↓へっぽこシーフだけれど↓
[PR]

by daigorouchan | 2009-08-14 10:40 | FFXIシーフ | Trackback | Comments(6)

【FFXI】忍者で反省

このごろ自分の天然ぶりがひどいことになってる感じがします(汗)。

侍AF3の記事で書き忘れたんですが、実はテレポデムしてパルブロ鉱山にむけて走っている最中に、マクロでマップを見ようとして、となりのマクロを押しちゃって、全然mp減ってないのにコンバートしちゃってorz(台詞つきなのでみんなにばれた)

もうね。

穴があったら埋まってしまいたいぐらい恥ずかしかった…野良じゃなかったのが唯一の救いw

↓水曜固定レベリング↓
[PR]

by daigorouchan | 2009-08-13 11:57 | FFXIそのた | Trackback | Comments(2)

【FFXI】侍AF3の罠

昨日は久々に召喚でカンパニエをちょこっとやろうと思ったのですが、敷居が高い。
ユニオンが始まってからのカンパニエは私にはとても怖いものというイメージがあります。
ポイントを稼ぐための戦場みたいなイメージと言えばいいでしょうか。
なので、雑師匠にお願いして一緒のパーティになってもらいました。
これが大正解。
雑さんはカンパニエでありえないほどの戦績を稼ぐほどカンパニエマスター。
どこから敵が来るのかもわかるみたいで、拠点からすごく遠い場所に走っていっていつのまにか闘っていたり!
私は最初はユニオンに入るのを忘れたりして超ぐだぐだでしたorz
敵は2部隊来ましたが、味方の人数がかくかくになるぐらい多かったので特に危ない場面も無く終了。

その後はLSのG猫さんの侍アーティファクトクエスト3「先代の遺産」お手伝いに行ってきました。

編成は戦(G猫さん)モ(Sとちゃん)忍(雑師匠)忍(Cぴ師匠)垢(私)
BCの場所はワールンの祠。パルブロ鉱山の奥にあるやつです。
ここでやるBCで有名なのはさそりBCとか動く島かな?

↓ワールンの祠にて↓
[PR]

by daigorouchan | 2009-08-12 09:33 | FFXIBC | Trackback | Comments(4)

【FFXI】さぽ踊り子ほしい

リアル記事が続いていますが、毎日FFにはログインしてます。
でも、新しいことをやるのってゲームなのにFFでは勇気が必要だったり。

今は新しいことやるためのエネルギーをためているという感じかな。
水曜日と木曜日の固定レベリングは継続中。これは周りの協力がないとできないことなので、Cぴー、Eぐさん、Kねこさんに感謝。これからもよろしくお願いします。

とりあえずは中途半端になっている忍者を75にしてしまいたいのですけれど。
固定レベリングだとこのごろMMMに行くことが多いので、さぽ踊り子が無い私はなかなか忍者で行きたいと言えなかったり。ついつい学者でお茶をにごしてしまいます。
カンパニエに忍者で行こうと思ってもさぽ踊り子が(ry
なんか、本当にさぽ踊り子が切実にほしい・・・・(汗

踊り自体は、我々のミュモルたんと踊り倒したので楽しんでるんだけどね!
あますず祭りが楽しくてしかたないので、とりあえずは倉庫キャラも含めて全員にHQ浴衣を取らせようと思い、とりあえず全員にメインキャラのマクロをコピーしました(←踊る気まんまん!)。
露店のミニゲーム?
あれは・・・・おもしろいんだけど、ちょっと今年は色々疲れてるのでご勘弁をorz
おばけやしきか迷路脱出ゲームぐらいにさせてください・・・・(そんなものはない)

あ!
ヴァル鯖の私にも浴衣取らせるかなー
[PR]

by daigorouchan | 2009-08-07 09:33 | FFXIそのた | Trackback | Comments(6)

サマーウォーズ(ねたばれなし)

題名の通り、サマーウォーズ見てきました。

細田守・・・と言う名前をあげても、ほとんどの人は「誰それ?押井守の間違い?」って感じじゃないかな。
私にとっては、数年前から注目している超大好きな監督さんです。

私が細田さんの名前を覚えたのは「映画デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム」。
これを、某映画系同人誌で紹介されていたのを見て、興味を持ち、テレビシリーズを一つも見ないでいきなりレンタルして観ました。
当時の私にはよほどのつぼだったのか、あまりに衝撃的で、何度も何度も観て、観るたびに泣いて。
すぐにDVDを注文して、DVDでも何度も観て。
そこからテレビシリーズのレンタルも開始。デジモンアドベンチャーにどっぷりつかったのでした。
いやー最初はデジモンってポケモンのまねっこだとばかり思っていたんですよ・・・全国のデジモンファンのみなさん、ほんとにごめんなさい。
デジモンはポケモンと確かに似てるけど、全く別の物語でした。

んで、細田さんはその後、私の知ってるアニメには登場しないので忘れきっていたのですけれど。
アニメ映画「時をかける少女」で突然私の世界に帰ってきました。

残念ながら、わたしんちの近くでは上映が無かったのですけれど、これはDVDで観て、やっぱりすりきれるぐらい観た。さすがだと思った。
原作があるのに、原作とは違う。原作の世界を壊してないのに、原作とはまるっきり違うものを作り上げちゃうのはさすがだと思った。

そしてサマーウォーズ。
やっぱり私は泣いてしまうのでした。
わたしんちの近くで上映してくれて本当に良かった。

日テレよ!もっと宣伝しろよ!わたしんちの近くの映画館なんてポスターが一枚しか無かったぞw

そんなわけで公式サイトへの入口をはりつけておきまする。

映画「サマーウォーズ」公式サイト
[PR]

by daigorouchan | 2009-08-06 10:15 | 生活そのた | Trackback | Comments(2)