シロッコククリお手伝い

さて、連休中プロマシアミッションの最中にフレのSりゅうさんから「NMやるので手伝いに来てほしい」というテルが来ていました。
正直言うと体力に自信が無かったのですが、Sりゅうさんには前にハクタク戦の約束していて寝過ごしてしまって行けなかったという大きな借りがあるし、LS「R」のやんさんがシロッコククリをほしがっていたのでポップ時間を計る意味でも行ってみることにしました。

場所はテリガンの慟哭の谷エリチェン付近、敵は大鳥族、名前は忘れました。
出すアイテムはシロッコククリという短剣で、シーフ専用の高性能の短剣らしいです。
NMの出現条件は時間と天気で、9~12時間周期で天気が風or暴風の時のみ出現するそうです。

Sんりゅうさんは、偶然前日の午後3時にNMがわいてるのを発見したのだとか。
ということでSんりゅうさんのお友達の忍者Sさんと黒Oさんと4人でマンティやコカをやりながらはりこみはりこみ。
ライバルも無く、私が来てから2時間ほど過ぎたころでしょうか。
風が吹き始め、私がインビジかけて様子を見に行くと、広場の真ん中にNMが!
急いでSりゅうさんに釣ってもらって戦闘開始。
マンティ狩っていた最中なので、私もOさんもMPかつかつだったのでヤグドリがぶのみ。
途中までは楽勝ムードだったのですが、敵のhpが半分くらいになると、突然全体攻撃を何連発もやってきて、全員hp黄色になったり(汗)。
それでも4人で撃破できて、シロッコククリも無事にドロップしました。

深夜ということで試し切りは一匹だけマンティをやって終了。

ちなみに、せっかくポップ時間わかったのに、翌日はプレイオンライン緊急メンテで入ることができず、やんさんにシロッコククリを取らせてあげることはできなかったのでした(号泣)。
[PR]

by daigorouchan | 2005-10-12 13:06 | FFXIそのた