俺という一人称の猫

今朝わかったのですが・・・・。
VDS名物だったあるさんが昨日を最後に引退していったようです。
王子とせりかたそのみが見送って、天の塔でおちていったとか。
見送りぐらいさせてくれYO!・゜・(ノд`)・゜・
取り残される者のわがままだとわかってはいても、見送りしたかったなあ。

一人称が「俺」のミスラのあるさんは、おさーんと言われても気にしなくて、そこがかっこいいと思ってました。
私が白駆け出しのころに、ヨト石とりをこころよく手伝ってくれたこととかいろいろ思い出す;;

昨日のことを話してくれたある方ががMSNチャットでぽつりといいました。

「自分も相方か自分のどちらかが引退したらもう一人も引退すると思う」

そう思える相方がいるのはうらやましいなあと思う自分の心の中で、
ちくりと痛むトゲがありました。



私はFFの前にPSOというオンラインゲームをやっていました。
そのときにいつも一緒に遊んでいて大好きだった相方がこなくなったのをきっかけにやめてしまったことを思い出しました。

そして、その相方を追いかけてFFに来たことを・・・。

追いかけて来たけれど、結局、FFでは相方とレベルが合わなくて、ほとんど相方と一緒に遊ぶことができなくて。
当時の相方は自分のレベル上げがおもしろくてしょうがない時期で、私と何かしようという余裕はないみたいでした。
私は仕方なく一人で遊ぶことを覚えて、独り旅をしているうちに、相方はFFに来なくなって引退していきました。
そのとき私は相方と一緒にやめようかとちらりと思いましたが、結局やめませんでした。
そのときにはすでに相方とか関係のない友達が何人もFFの世界にいたから・・・。
置いて行かれるのが寂しいという気持ちはありましたが、FFの世界で独立してしまった私にはFFの中で自分で作った目標がすでにありました。
相方と遊ぶということができない以上、自分で目標を作って過ごすしか寂しさを消す方法がなかったのです。
相方と関係なくやりたいことができていた私には、それをあきらめてFFをやめるということはすでに考えられなくなっていたのでした・・・。

今でもよそさまのFFのプレイ日記を見ると、特定の相方と一緒に楽しそうに遊んでいる方々を見かけます。
それを見ると素直にうらやましいと思う。
一緒に過ごす相方がほしいなあとも思う。
けれど捨てられることの辛さもわかってるので気持ちは複雑なのでした。

絶対に私を捨てない相方募集中w
なんちゃって。
[PR]

by daigorouchan | 2005-08-29 18:49 | FFXIそのた