地竜大王いってきました

昨日はお風呂後にログインするとこれからLSのSぐるどさんの限界突破2の手伝いをするとのことで、早速参加表明。
今となっては懐かしい限界突破2。ザルカバードでNM3体倒して???を調べるのですが、そのNMが55のパーティだとフルアラでもかなわないほど強いとか・・・。
倒しても即ポップするとかで昔は大変だったようです。
ということで、LSメンだけではちと不安なのでSぐるどさんと私でシャウト。
すると総勢9名ぐらいに。(うち、お手伝い6人ぐらい)
ふつうに参加するみなさんは52~55なのでみなさんザルカでからまれまくり(汗)。
それをお手伝いさんたちで撃破しながらNMの方へ。
私もこのクエは自分のはやったことありましたがお手伝いはしたことがなかったのでまったく初めてに近い。自分のをやったときは範囲攻撃が怖かったのでめちゃくちゃ離れたところにいたのでw
ちなみに今回虎、ヒョウ、犬をすべて殴りましたが、虎の時に倒した後に撤収するのが遅れて即ポップした二匹目にからまれて引き寄せもくらって再度倒す羽目に(汗)。
限界2、おそるべし!
でも、誰もしぬことなく無事にクリアできました^^ それからシャウトしたら「戦力は足りてますか」というテルもきたとか・・・世の中まだまだ捨てたもんじゃないなあと思いました。

そして、それも終わって黒40のままジュノに戻ったら、フレのMつさんから「おひま?」というテルが。
聞いてみると、これから40の6人「地竜大王」通称「ミミズBC」にいくので黒でこないかとのこと。
6人BCは時間がかかるのでちょっと迷ったのですが、初めてこんな誘いがきたので好奇心が勝ってしまい、参加することに。
メンバーは黒黒黒白ナ獣狩の7人で、狩人さんと獣使いさんとナイトさんが時々交代して参加して7連戦。
なんと!イレースが5回、空蝉2が2回でるのをみちゃいました・・・しかも一回は空蝉とイレースが両方でました。
もちろん7戦全勝。

ちなみにこのBCは真ん中にめちゃくちゃ強いミミズ(FFという名前、ひきよせもつかう)、そのまわりに雑魚ミミズがいっぱいいるというもの。

戦闘方法は、

1 開幕にNMミミズ中心にスリプガ
2 FFミミズを集中して倒す
3 離れてMP完全回復する
4 右半分をスリプガで寝かせながら左側から順々に雑魚を倒す。
5 hp減ったりMPなくなったりしたら離れて回復しながらあわてずに倒す。

こんな感じで時間はかかるけど必ず勝てるって感触を得ました。
最初の3回くらいは何人が犠牲者がでてレイズしましたが^^;;

かなりおいしいBCなので今度はLSめんつれていきたいなあと思いました。
でもまた印章無くなったので集めなきゃ・・・・
[PR]
トラックバックURL : http://daigorou.exblog.jp/tb/2698378
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Warabe at 2005-05-11 07:39 x
初めてコメンツします(゜ω゜)ダイゴロウさん、この間はどうも~^^地竜大王、私も何度か行きましたが、あれほどおいしいBCはないですね~。LSでも結構定期的に(?!)行ってるみたいです。(印章集まればw)最低黒2白1(イレース持ち)さえいれば勝てる構成なので、40のジョブあれば誰でもいけそうです。今イレースと蝉2値段も上がってきてるみたいですしね~。二つ出たら万歳三唱です(゜▽゜*)
Commented by くろのす at 2005-05-11 11:59 x
40BCは30BCに比べてイレース、空蝉弐のドロップが格段にいいと聞いたけどいままで1回も挑戦したことないんですよね・・・
おかげで30BCと60BCしか経験しておりませんw 私は最近はペニテントロープが2回連続で出たりとリアルでの運をFFで全て取られていると思われるドロップ運・・・ 私的にはどちらがいいのか分かりませんな┐('~`;)┌
Commented by triok at 2005-05-11 20:50

イレースほしいです・・・
Commented by daigorouchan at 2005-05-12 12:51
>わらべさま
 こないだはどうもでした!そんなにおいしいBCなのか・・・確かにマンドラBCだと毒薬用意しないとだめですし、詩人いないとだめって感じだし、ミミズBCはいいかもしれないですね。イレースと空蝉一度に二つ出たときは大騒ぎしましたw

>くろぴー
 今度40BCいこー!ミミズBC、時間かかるけどおいしいよ!

>おうじ
 イレースとりにいきませう!
by daigorouchan | 2005-05-10 19:59 | FFXIBC | Trackback | Comments(4)