【生活その他】大晦日を迎えて

2011年という年は、東日本と、東日本につながりがある全ての人にとって忘れられない年になった。

ここまでひどいことが起きると思わなかった。

確かに日本経済は閉塞していて、若い人はちっとも希望はもてなくて、
なんとなくやる気がない日々だったけど、
何もかも無くなるようなことがあるとは思わなかったよ。

今までのはちっとも絶望なんかじゃなかった。

とある映画監督さんがNHKかぶんブログのインタビューで言っていましたが、
本当に絶望したときというのは、絶望だけしか描かない物語は書けないものなのだ。

私はもともと絶望ばかりの物語は書けない方ですが、
プロのクリエイターの人々にも影響があったんだなあ。

今年の漢字も「絆」。

正直、「なにそれ?ふざけてんの?」って思ったけど、
あまりに悲しいことがたくさんありすぎたから、
「災」という文字は使えなかったんだなあ。

新しい年が全ての人にとって良い年でありますように。
心から願います。

もちろん私にもいいことありますように!(切実)
[PR]

by daigorouchan | 2011-12-31 20:57 | 生活そのた | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://daigorou.exblog.jp/tb/17504643
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。