天使と悪魔

FF11の記事じゃなくてすみません。

3月ぐらいに買った映画の割引チケットの有効期限が今日だったのであわてて映画見てきました。
映画館の予定表を見ると・・・・知っている映画が、名探偵コナンとかくれよんしんちゃんとか仮面ライダーとかぷりきゅあとか(ぐはあ
でも、そういうのは午前中で終わりなので、見ないことにして、たまには大人の映画を見てみようと思い、ちょうどいい時間から始まる「天使と悪魔」を選んでみました。

内容が推理サスペンスなのであまり書けないけど、ダヴィンチコードの続編続編とマスコミが騒ぐ割には続編色がほとんどなくて良かったです。
続編だったら私は前作を見てないのでアウトなので。

この映画・・・終わってから非常にいい気分だったので、パンフレット買ったのですけど、パンフレットに解説で書いてる原作翻訳者が「もう少し色気があれば」って書いてるのが気にくわなかったなあ。
この映画のいいところは色気が無いところなの!
女がほとんど出てこないのがいいの!
できればヒロインも女じゃない方がいいぐらい(また誤解を生みそうなことを・・・・)!


それぐらい緊張感があって久々にどきどきした映画でした。

まあ、個人的好みで、私が「女性や子供が暴力を受ける場面がある映画がすごく苦手」というのがあるので、そういう意味で、この映画はあんなことやこんなことされるのがみんな立派な大人の男性ばかりで弱い人がいじめられることがないので安心して見てられました。

ロマンスや女の色気や美形の男を求めるような人には向かない映画。
でもおもしろいよ。
なぜかこの映画見終わったら勉強したくなりました。

★最後に一言★
わからないからって途中で連れに謎解きを聞くのはやめてくれ>隣の親子
そういうのは終わってからゆっくり二人だけで話し合ってね・・・・頼むわ・・・orz
おかげでせっかくのクライマックスがかなーーりげんなり。
それから無理にキャラクター商品作るのも・・・・やめようよお(´Д`;)ヾ
拷問道具の形してるあれとかそれってどうなの・・・?と思いました。まる。

映画「天使と悪魔」公式サイト
[PR]

by daigorouchan | 2009-05-31 17:21 | 生活そのた