【FFXI】オズへ行ってパシュハウを抜けて

昨日はKいこさん主催のレベル上げの予定だったのですが、ログインしたらAちゃんとCぴが、砂丘でさぽアイテムとり手伝い、SとちゃんがモンクAFクエを進めていました。
私は栽培の収穫日だったので、必死に収穫しつつアイテムを売ったり整理したり。
そしたら、オズトロヤから悲鳴が聞こえました。

Sと&お手伝いの雑さん「ヤグードドリンク忘れた」



そうなのです。
モンクAFクエ3では、なぜかNMをわかせるためには???にヤグードドリンクをトレードしなきゃいけないのです。
しかも、わいたNMが落としたアイテムはクエスト関係者じゃなくてもロットインできます。

このあたりは初期ジョブのAFクエのいまだに改善されない悪いところです。
だいじなものにしてくれたほうが絶対いいのになあ。

昔、白AFクエ3のNMが落とす「タブナジアマスク」を関係ない人が普通の装備品だと思ってロットインして入手してしまうという事故もまれにあったそうです。
そうすると、白AFクエ3の場合は悲惨です。
古墳でシャドウを倒しまくって「タブナジアの呼び鈴」というエクレアアイテムを取ってくるところからまたやり直しになってしまう(しかもドロップが悪い!)ので、モンクAFクエよりも悲惨です;;
せめてヤグドリみたいに競売で入手できるアイテムだったらいいのに。


サンドリア競売でヤグードドリンクをげっとして、てってこオズトロヤへ配達に向かいます。そしたらどうしても私は最初のスイッチ扉で落とし穴に落ちるw
私はスイッチ押したら扉にはりついてやりすごそうとして失敗するのですが、雑さんいわく、

雑&Sとちゃ「前にも教えたと思うけど…」
私「記憶力が無いんで(ノД`)」

そのあとも道を間違えて行き止まりにいっちゃったりとかしつつ、なんとかSとちゃんにヤグドリを渡し、いざお手伝い開始。
最上階には人がいたので一応注意喚起のシャウトから。

私「【モンク】【アーティファクト】【ノートリアスモンスター】やります。【気をつけてください】」

これでじゃまは入らないはず。
ヤグドリトレードでわいたのは、通称「フー・サルモ先生」というNMヤグ。
ジョブは当然モンク。
この先生は殴るとカウンターがすごいと聞いていたのですが、Sとちゃんはナイトだし、雑さんは忍者なのでほとんどダメージ受けることなく殴り続けます。
私は一応二人にハートオブミゼリ+オースピス。
カウンターでSとちゃんが殴られたら怖いと思って殴らないようにして、わいた雑魚にリポーズ入れつつやっていたのですが、HP多い以外はフーサルモ先生の攻撃はほとんど痛くなくて、時間はかかりましたが撃破。Sとちゃん、AFクエクリアおめでとう!

その後は、Kいこさん主催のレベル上げの予定だったのですが、砂丘で新規にパールを渡したUさんがお試し版組で拡張版が一切なく、予定していたコロロカでのレベル上げは無理になり、砂丘で獲物を探したのですが敵の配置が変わったのか、強い敵がおらず、
「せめてクフィムに行かないと」ということになり。
Uさんのレベルが19なので、そろそろジュノデビューしたほうがいいだろうという話になって、急遽、Uさん以外はジョブチェンジしてからまれないジョブになり、Uさんを護衛しつつジュノに向かうことになりました。

が。
テレポデムして、パシュハウ>ロラン>ジュノというコースのはずが、パシュハウの途中でUさんが何度も立ち止まる。
おかしいと思って聞いてみると、キーボードでプレイしていてオートランの方法がわからなかったらしい。
Aちゃんが丁寧に教えてくれてびっくりしました。Aちゃんも実はキーボートオンリーでプレイしているそうなのです!すごい!

Aちゃん「だってコントローラだとメニュー選ぶのが大変ですから」

おかしいと思って聞いてみたら、アビリティや魔法をメニューから選んでいたらしい…そりゃあ大変だし反応遅くなるわけです。
マクロを組んだ方がいいよ、とあらためて助言しつつパシュハウを走るのですが。

途中でUさんが梅干しを出して回線落ち。
戻ってきて誘っていざ出発となるとまた回線落ち。
2回目は戻ってくるまで30分ぐらいかかっていました;;
さすがにこれでは翌日仕事組の人は待っていることができないので私はリタイヤ宣言をしたあたりで戻ってきましたが、私がサービスのつもりでマズルカをかけたらまたUさんが梅干し;;なぜか強化をかけると今はだめみたい。
すぐにUさんは戻ってきましたが、徒歩だとここからジュノまで15分はかかると思われるので私とCぴはここでリタイヤ。

Uさんのマシンに問題があるのか、Uさんちの回線に問題があるのか、非常に気にはなりますが、パソコンだと個々のマシンの性能にもよるので…実際に見せてもらわないとなんともいえないので助けたいけどごめんなさいという感じでログアウト。
[PR]

by daigorouchan | 2009-05-01 20:54 | FFXIそのた