【FFXI】何もできないだなんて言わせない

昨日はEいぐさんのからくりAFクエ3のBF「何もできない」なんて言わせない でした。
前から思ってましたが、からくりAFクエって題名がおもしろいですよね。
やってみたいんだけど、まだまだからくりのレベルが低いのでお預けです。
EいぐさんとKいこさんいわく、「前に二人で挑戦したけどだめだった」とのこと。



色々調べてみたら、このBFの敵はオートマトン1体ですが、これがプレイヤーの攻撃の種類によってタイプが白兵、射撃、魔法の3種類のどれかに変化し、近接物理を続けているとだんだん物理攻撃耐性がマニューバによって上がっていき(このとき台詞が出るのでわかります)、無敵に近くなりつつシールドバッシュ連発になっていきます。
忍者盾だと白兵タイプにしちゃうとほぼ無理らしいです。

射撃タイプはこちらがボルトで攻撃してるとなるタイプのようです。
普通に攻撃してたらこのタイプにはならないらしい。
射撃タイプが強くなるとどうなるのかはちょっと不明。

魔法タイプは魔法攻撃を多用するとなります。これも魔法攻撃の量が多すぎるとだんだん強くなり、最後は連続魔状態になるので大変危険。

一般的攻略法としては、ナイト盾とアタッカーと後衛で、最初は物理主体で攻撃し、攻撃がきかなくなってきたら精霊で押し切るというのが多いらしい。
でも、一度物理強化がかかると、その後に別のタイプに変身しても強化は継続されるらしいので、もし少人数でチャレンジするなら、せる式さんのように、魔法攻撃と物理攻撃をバランスよく行うようにし、マニューバが発動する前に別のタイプのマトンに変身するようにうまく戦闘をコントロールしていくのがいいみたいです。実際にせる式さんでは二人で勝利していらっしゃいます。

うちらはそこまで考えていなかったので、ナ(Kいこさんのお友達)モ(Kいこさん)赤(Eいぐさん)白(私)というオーソドックスな編成で殴りかかり、物理がきかなくなったらEいぐさんと私で精霊精霊精霊という感じで見事勝利!
Eいぐさん、おめでとー!

その後はわたしのアルタナミッションを薦めまして…過去サンドリアの少年探偵団クエのNM戦をKいこさんとEいぐさんに手伝っていただきました。ありがとうございました!リコールジャグしたらKいこさんがテレポ石がなくて飛べなくてびっくりしたけど(汗)それにしても、クエストNMがわく場所がノールがうろうろしてる場所なので怖かったです;;

アルタナミッションおもしろいわ・・・過去と現在のNPCの場所を覚えておくとつながりがわかってにやにやしてしまいます。

ところで!
今までタルタルでイベント場面になるとテーブルの下に隠れちゃったりして視界から消えちゃったり、相手の頭が画面に入り切らなくて切れちゃったりと、さんざんなことがあったのですが。
b0023831_22205382.jpg

今回はなんと!テーブルの上にのせてもらえましたよ!すくえにぐっじょぶ!
これはウィンとバスのクエも進めたいなあ…すごくおもしろそうです。

ミッションは「紫電、劈く」の手前まで進めたところで、EいぐさんがからくりAFクエクリアしたので、Kいこさんと3人でEいぐさんの黒AFかぎとり開始。
古墳も修道窟もわりとさくっと出て本日の活動終了です。

【おまけ】
実は万歩計買い換えました。かなり衝動的…
あまりに体がなまってるので少しは体力を戻そうという気合い入れ?みたいなものです。
電気屋行ったら、何種類も万歩計があって、中には体脂肪まで計測できるのがあってびっくりしましたw
注意書きに「洗濯しないでください」と書いていたのはちょっと笑った。ポケットに入れたまま洗濯しちゃって壊す人多いんだろうなあ。
[PR]

by daigorouchan | 2009-03-16 19:43 | FFXIそのた