私とFF7

※2月13日補足あり

うーん。
あちこちで7がPS3でリメイクされるんじゃないかって噂を聞きますが、何か勘違いしてるんじゃないの?というのが正直なところです。
というのは、誰に聞いても情報の出所がはっきりしないんですよ。
(大昔のゲームショウで言った話をのぞく。あれはアドベントチルドレンの話だと思うので)
だから、私の想像では、ブルーレイで出るFF7ACの特別版のことを勘違いしているのか、「クラウドの紋章がついていて、120ギガのどうでもいいHDDがついてるPS3が発売予定」なのを、リメイクと勘違いしてるんじゃないのかなあ。

今更リメイクと言われてもねぇ・・・

以下は駄文です。



リメイク自体については正直、遅すぎるんじゃないかなあと。
もっと早くやってくれてたら…
アドベントチルドレンのDVDと同時発売ぐらいだったら…
私も気が狂ってPS3を買っちゃったかもしれないね。

今は、もうスクエニの「リメイク商法」に正直嫌気がさしてしまったので。
PS3でFF7が出ても、よほどお金が余って無い限り買わないです。
(と、いいつつロマシングサガとかのリメイクなら食いつくかもだがwwww)

リメイクよりは、続編の方がまだいいなあ。
Xー2作るぐらいなら、なぜ7ー2を出してくれなかったのか…

キャラクターや物語の魅力にのみ頼るゲームはもう限界にきてるのかもしれないですね。

RPGゲームは昔はエンディングもストーリーも必要無かった。
ウィザードリィなんかは、その最たるものでした。


ゲームはキャラや物語そのものよりも「どれだけ遊べるか」が大事なんだと思う。

ってかね。
私はやっぱりドラクエのロト三部作とドラクエ4と5が好きだ。
特に、ドラクエ5をプレイしたときは、「ああ、やっぱりFFはグラフィックは美しいけど、何か大切なものでドラクエに負けてる」と思った。

ゲームは画像がきれいなだけじゃだめ。
個人的には、主人公に感情移入どれだけできるかが勝負かも?

だから主人公キャラはしゃべらないほうがいい。恋愛もできるだけしないでくれw
だって、主人公はプレイヤー自身ですから。

大脱線しましたけど、私の中のFF7はPS版です。アドベントチルドレンはスクエニによる壮大な同人DVDです(うあー暴言)。
んで、私の中ではFF7の主人公はケットシーの中の人です!(つっこみ受付不可)

あーすっきりした。

【2月13日補足】
 なんか誤解を招く文章なので補足です。(蛇足かもしれない)

 私も良質の物語、魅力あるキャラクター(でもできればあまりはっきり性格づけされてないほうがいい、想像の余地があるほうがいい)、きちんと伏線が全部解消されて納得がいくエンディングのあるRPGは大好きです。クロノトリガーは貴重な成功例ですね。あれはエンディングの種類がものすごかったからwどのRPGもあれぐらい物語に分岐があるなら許せるんですが・・・

 エンディングが大好きなゲームはドラクエ3かな。あの最後の文字は忘れられない。ドラクエ1やってない私ですら忘れられないんだから、1から順にプレイしていた人はもっと感動したでしょう。あとはドラクエ4。これは全滅した主人公の村を調べて見つけたものに感動・・・スタッフのさりげない遊び心に感動した(コピー本作ろうとしたぐらいd)。

 「RPGは異世界で過ごす時間こそが大切」というのは、実は坂田靖子さんのエッセイの受け売りだったりします。文章はうろおぼえですけど(^^;
( 「ダンジョン狂想曲」という本なのですが、ゲームに対する愛がつまっていて、特に海外古典RPGや初期のファミコンゲームに対する愛が伝わってくる本です。 )

ファミコン版のウィズは今でもやりたい。ってかやらせろ。電池交換してくれよ・・・orz
[PR]

by daigorouchan | 2009-02-12 18:01 | 生活そのた | Trackback | Comments(7)

トラックバックURL : http://daigorou.exblog.jp/tb/10340862
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by singetublood at 2009-02-13 00:03
なんか発熱させてしまったようで…すいませんヽ(;´Д`)ノ
おっしゃるとおり リメイクとかではなくDVDのほうですね
頭ではそのつもりでいたのでブログに書き忘れました。

FFばっかりやってきたいわゆるFF派なので
エンティングとかストーリーが
必ず存在するモノばっかりやってきたので
オイラはあるのが普通と意識しておったので目からウロコ

キャラに頼りすぎ 映像に頼りすぎ感が否めない現状ですしね
主役がしゃべらない とか 恋愛抜き 大賛成です
FFは次第に主役たちに感情移入しにくくなってきてるので
余計にそう思います
なんか 勝手になんかやってるな になっちゃうのでw
しょうじきFFはスキですが…
キャラ だけ 売り込む感じはキライです
感動のストーリー!とかいう宣伝も実は大嫌いです

違う視点をもってゲームなさってるのが新鮮で
そういうコトも確かに と認識させてもらえました
あちらへのコメントとこの記事 感謝です(´∀`)
Commented by daigorouchan at 2009-02-13 08:56
>新月さま
 コメントありがとうございます。勝手に白熱しちゃってすみません(^^;うちの鯖でもあちこちでFF7リメイク話を聞いたので頭にきちゃったんですよー。私の方が間違いなくその人たちよりFF7(の一部にキャラ)に対して過剰な愛情を持っているのでorz「どうして私は知らないのにみんな知ってるの?」という嫉妬心があったのかも・・・

ちょっと本文に補足(^^;
私も良質なキャラクターとストーリーとエンディングとシステムが合体するのは斬新でいいと思います。クロノトリガーはそれが見事に成功した貴重な作品ですし。
ただ、それだけに頼っちゃうとゲームファンの人は飽きると思うんです。今、FFやドラクエから昔のファンが離れていっているのはそのせいだと思いますし。
Commented by daigorouchan at 2009-02-13 08:56
長すぎた・・・続きです。
ちなみに私の「ゲームをやってる時間が大事で、エンディング必要ない」というのは、坂田靖子さんという漫画家さんのエッセイの受け売りです。あの方は筋金入りのゲーマーで、しかも海外のパソコン版ゲームの古典が大好きという人なので、ゲームに関する文章がどれも斬新でおもしろいのです。おすすめはもう絶版かもしれないけど「ダンジョン狂想曲」。

坂田さんは、RPGは異世界で過ごす素敵な時間があればいいというようなことをおっしゃっていて、それさえあればエンディングなどなくてもいいと。
物語というのは、プレイヤー一人一人の中に作られていく。
ゲームの作り手は、プレイヤーが物語を想像しやすくさせる良質な設定をどれだけつめこめるかが勝負だと。
まあ、一般プレーヤーとはかなりかけ離れた極端な価値観ですが(^^;日本で全く売れなかった海外版の「ドラッケン」というRPGが大好きという方なので・・・
Commented by singetublood at 2009-02-13 17:56
>だいごろうさま

まったくもってそんな感じでFFあれほどすきだったのに
13にさっぱり興味もてないでいるオイラです
クロノトリガーはやったことが無いんですよね~
良いもんだと聞いているのですが…

坂田靖子さん…恥ずかしながら存じ上げませんが
なかなか粋な方ですな。
もち 異世界楽しむ時間 うちも大好きですw
だからヴァナディールを散歩してるんですけどね(´∀`)
散歩とか釣りとかしかしてねぇですがww
Commented by daigorouchan at 2009-02-13 22:10
>新月さま
 坂田さんは、かの有名な「やおい」という言葉を日本で最初に提唱された偉大な人です。ちなみに、坂田さんが「やおい」という言葉を作ったのは「やまなし、おちなし、意味無し」のくだらない漫画を書いたときだそうです。ですから現在のいわゆる「やおい」とは全く意味が違うのですよ(´Д`;)ヾ
言葉って不思議ですよねー
Commented by at 2009-02-16 18:36 x
書きたいことあるけど、文章力がないから伝えられない(´・ω・`)。
何回か書き直したけど結局消してしまった…。
また、会うことがあったら熱く語るわ。
Commented by daigorouchan at 2009-02-17 09:18
>とさま
 コメントありがとうございます!どんなコメントだったか気になるーーー ぜひぜひ王子の意見も聞きたいですヽ(・∀・)ノ
 私のはあくまで私の価値観?なので・・・かなり偏ってるから(´Д`υ)